メニュー

甦れ商人魂 木村圭一さん

ラジオ『おいで、おおえ』収録のため商工会を訪ねた私たち。お話を伺ったのは大江町商工会副会長の木村圭一さんです。日本一くんも遊びに来てくれました!

 

おおえブランド

『おおえブランド』は大江町の特産品等を地域ブランドとして普及させようと企画されたもの。申請のあった特産品等を審査の上おおえブランドとして認定し、表示用標章を交付しています。現在お菓子やお酒、工芸品など12品目が認定を受けており、さらに多くの特産品が認定を待っているそうです。

 

ふるさとの特産品をより多くの方に知って貰いたい。『おおえブランド』普及のための活動を一緒に行っているのが木村さんと日本一くんです。町内の学校などを訪れては子供たちへブランドの説明や商品の紹介を行っている二人は息もぴったり。おしゃべりがちょっとニガテな日本一くんですが、この日も身振り手振りを交えて町と特産品の魅力を伝えてくれました。『学校を訪ねると日本一くんの人気が分かりますね。とにかく子供たちからの声援がスゴい。私一人ではこうはいきませんから。』頼りになる相棒のことを目を細めそう話す木村さんです。

 

魂を受け継いで

『左沢は舟運文化で栄えた商人の街。私たちの体には先輩たちが築き上げてきた街並みはもちろんですが、”商い”に一番大切な魂が必ず受け継がれています。近郊への大型店の出店や後継者不足など、抱えている問題は少なくありません。それはどこも同じだし、大きな流れには逆らえない。だから自分たちの行く先を嘆くよりも、前向きに今自分に出来ることを見つめることが大切です。』収録後も熱っぽくお話を続けて下さった木村さん。町への思いが言葉の端々から溢れました。『若い人にはどんどんチャレンジを、年配の方にはもうひと花もふた花も咲かせるんだ、そんな気持ちで地元を盛り上げて欲しい。何かを”起こす”ことは難しいけれど、時代に合わせ形を変えながら小さな一歩を刻めばいい。私たち商工会も、そのためのサポートを全力で続けていきたいと考えています。』

 

『生業』という言葉の語源はいにしえにさかのぼり、古くは万葉集にも見ることができます。歴史の中で形を変えながら『魂』を受け継いできた大江町の特産品。皆さんも是非手に取ってみて下さい。

 

追記:木村さんと日本一くん出演のラジオ『おいで、おおえ』は近日放送予定です。併せて是非お聴き下さい。

 

おおえブランドホームページ
http://ooemachi.aisoho.jp

山形県大江町公式ホームページ
http://www.town.oe.yamagata.jp