メニュー

真っ白な世界から 阿部菊子さん

黄色いスノーダンプ

年末から降り続いた雪は道の両脇にうず高い壁を作り、町はすっかり白一色の世界に姿を変えました。

 

本郷・原地区でひとり自宅の除雪作業をするのは阿部菊子さん。黄色いスノーダンプは仙台に暮らす息子さんが買ってくれたものだそうです。大正13年生まれの菊子さんは今年で94才。雪が降り積もる日は朝と夕の二度、自宅前の雪を片付けます。『おひとりで大変ですね。』と声を掛けると、『息子も親戚も年中遊びに来てくれるから。それにほら、亡ぐなったじいちゃんやばんちゃ(菊子さんのお母様)ど一緒にいるがらさみしぐないよ。』白い息と一緒にそんな答えを返して下さいました。立ち話もなんだからと家の中まで招き入れて下さった菊子さん。あたたかいお茶とみかんをご馳走様でした!

 

 

2018年、世界中で鳴る汽笛や誰かがついた鐘の音とともに新しい年が走り出しました。みなさんはお正月をどなたと過ごされたでしょうか。『おいで、おおえ』は変わらずにこの場所からふるさとの日常やそこに暮らす人々の生活の姿をお伝えしていきたいと考えています。本年もどうぞよろしくお願いを申し上げます。

 

山形県大江町公式ホームページ
http://www.town.oe.yamagata.jp