メニュー

都市の現在地を見つめて 藤原泰佑

都市の姿を再構築するまなざし

作品に筆を走らせる左手が印象的な藤原泰佑さん(藤田)。私たち『おいで、おおえ』活動メンバーの一員でもあります。

藤原さんは群馬県前橋市出身。東北芸術工科大学大学院を卒業し、現在は大江町を中心に作家活動を行っています。大都市に対しての地方の姿、地方の元々持っている文化・風土が移り変わって行く様を、折り重なった建物や俯瞰的な仮想の都市図に表した作品が画壇でも高く評価されています。

最上川・月布川を中心に文化や風土が形成されて来た大江町からは、他の街道沿いに発展した都市とは少し違った印象を受けると言う藤原さん。『都市の現在地を絵画的な手法で記録するのが自分の作品。町の歴史を何らかの形で作品に落とし込んでみたいと考えています』と話してくれました。

春からは副手として母校で後輩たちの指導にあたる予定の藤原さん。少し不思議な既視感のある町の姿が描かれた作品を是非ご覧になってみて下さい。

藤原泰佑 ホームページ
http://taisuke-fujiwara.main.jp

山形県大江町公式ホームページ
http://www.town.oe.yamagata.jp