メニュー

開催中!『百物語~大江町の怪談・奇談スペシャル〜』

大江町の博覧会Shake lab 夏『百物語~大江町の怪談・奇談スペシャル〜』が7月25日(水)~29日(日)の5日間、大江町富沢の大澤寺にて開催されています。

 

薄暗い参道を抜けると見えてくる、20本のロウソクに灯される本堂。500年以上の歴史がある大澤寺で開催中の今回のShake labは、参加者がそれぞれの怪談や奇談を持ち寄る座談会です。OE POWER PROJECTの代表・大沼兄昌さんを筆頭に4年前から始まったShake labは「大江町への固定概念を揺さぶる」をテーマに町内の手仕事や食を集めた市場などを開催しており、おいで、おおえでも取材させて頂きました。

今回はこれまでとは一味違う企画。その背景には大沼さんのある経験がありました。

 

大江町の怪談・奇談を収集して、資料として残したい。

『亡くなった僕の祖父は小学校の校長先生でした。物知りで、僕が幼い時から町の歴史や文化などをよく話してくれたのを覚えています。しかしそんな会話も中学校や高校生になるにつれて無くなっていきました。大学院時代に大江町の歴史に興味を持ち、調べるようになると、またじいちゃんに教わる機会が増えました。もっと聞きたい!もっと知りたい!そんな風に思っていた矢先、じいちゃんが亡くなってしまったんです。「なんでもっと早くに聞いておかなかったんだろう」って、悔しくなりましたね。それが今回のイベントのきっかけです』

こんな経験をお持ちの方は、皆さんに中にも多いのではないでしょうか?

大沼さんはじめとするOE POWER PROJECTのメンバーは、今回のイベントで大江の怪談や奇談を収集し、資料化することを目指しています。2日目のMCを務めたプロジェクトメンバーの坂口祥太さんは『話していると、みんな前のめりになっていくんですよね。見ず知らずの人が集まって怖い話をすることなんて滅多にない機会だから「そういえばこんな話を聞いたことがある」「私も同じ経験をした」ってどんどん盛り上がっていきました。1日目は”見える人”が参加されており、会場が騒然としましたよ(笑)』と昨日までの感想を話してくださいました。

 

聞くだけの参加ももちろんOK。町外の方の参加も大歓迎です。

28(土)と29(日)は縁日が開かれ、金魚すくいや、すももを使った今回限定の「鮮血シェイク」の販売など、様々な出店もあるそうです。また、大江町ゆかりのクリエイターによる「SHAKE LAB GALLERY」も同時開催されています。

『百物語~大江町の怪談・奇談スペシャル~』は今日も18時半から開場です。終わった後、本堂を出るといつもの風景が違って見えたり、背中がスーッと寒くなること間違い無し。みなさんのご参加をお待ちしております。

 

———————————–

大江町の博覧会Shake lab 夏『百物語~大江町の怪談・奇談スペシャル〜』

会期:2018年7月25(水)〜29日(日)

時間:18:30〜21:00

場所:大江町富沢 大澤寺(山形県西村山郡大江町富沢130)

※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。また帰りは左沢駅までの無料シャトルバスがございます。(詳細はホームページにてご確認ください)

特設ホームページ:http://shakelab.net/2018summer/

OE POWER PROJECT Facebookページ

https://www.facebook.com/oe.repower/

大江町ホームページ

http://www.town.oe.yamagata.jp