メニュー

伝統の再構築 青苧復活夢見隊

失われた技術を見つめ直し、もう一度育てる

青苧(あおそ)。
カラムシ、真麻などの別名を持つイラクサ科の植物です。茎の皮からは衣類や紙、さらには漁網にまで利用できる丈夫な靭皮繊維が取れ、江戸時代には松山藩左沢領における重要な財源として保護、育成されてきた歴史があります。

『青苧復活夢見隊』は、元町職員の村上弘子さんを発起人として活動するグループ。60代から80代のメンバーを中心に、転作田を利用した青苧の栽培から加工までを一貫して行っています。この日は水に浸けアクを抜いた茎から皮を剥き、そこから繊維を取り出す『苧引き』と言う工程を見せて頂きました。

失われた技術をもう一度見直し、光をあて、育てる。彼女たちの活動は若い世代に受け継がれ、次のステップへ移りつつあります。

『子育てに似ていますね。』
そう問いかけた時に見せた村上さんの笑顔が印象的でした。

大江町公式ホームページ
http://www.town.oe.yamagata.jp

青苧復活夢見隊ホームページ
http://aosofukkatsu.com/index.html